FC2ブログ
2009-04-09 11:25 | カテゴリ:ジョニー情報
dead_man_240_1280.jpg


画像元⇒deppography




5月7日から17日までイギリスのバービカン(Barbican)で行われる国際ブッディスト映画祭 (the International Buddhist film Festival)でデッドマンが上映されるようです♪

わたくし、こんな映画祭があるのを初めて知りました。(´゚∀゚`;)
ブッディストというからには宗教に関わる映画祭なのかな?

情報元はこちら

デッドマンのあらすじ
ウィリアム・ブレイクという名前の青年が、会計士の仕事を求めて、マシーンという名前の街にやって来るが、当ては外れ仕事を得ることができなかった。街で偶然、セルという若い娘に出会い、痴情騒ぎに巻き込まれ、男に撃たれるが、セルが自らの身を投げ出してブレイクをかばったため一命を取り留める。しかし、セルは死に、ブレイクも弾丸を撃ち込まれた体のまま、街から逃亡するが、ぬれぎぬの罪を着せられ、報奨金目当ての殺し屋たちに追跡されることになる。途中、ブレイクは、ノーボディという名前のアメリカ・ネイティブ・インディアンに助けられ、傷の手当を受けるが、ブレイクの名前を聞いたノーボディは、彼をイギリスの詩人ウィリアム・ブレイクと考え、敬意を払う。こうして、ブレイクはノーボディとの不思議な逃亡の旅を始めることになるのだが、その過程で、気弱だった会計士ブレイクは、巧みな銃の使い手、正真正銘の白人殺しの張本人へと変貌をとげていく。




そういえばこの映画は宗教色がところどころにちりばめられていますよね。
特にジョニー扮するウィリアム・ブレイクが途中で出会うノーボディという名前のアメリカ・ネイティブ・インディアンの言葉の中にも・・・・・
そういえばノーボディののこの言葉が好きだな。
多分2人が出会った最初のほうで語った言葉だと思いますが・・・

Every Night & every Morn     毎晩そして毎朝
Some to Misery are Born     あるものたちは悲嘆に生まれつき
Every Morn & every Night     毎朝そして毎晩
Some are Born to sweet delight   あるものたちは甘美な歓びに生まれつく
Some are Born to sweet delight   あるものたちは甘美な歓びに
Some are Born to Endless Night   あるものたちは終わりなき夜に

人間は、いや生きとし生ける者すべては生まれ落ちたその日から差別を持って生きてるんですよね。
それは宿命であり業でもあるんですよね。



ではでは、前にPした記事を引っ張り出してきました。

見てない方もいらっしゃると思いますので・・・


映画『デッドマン』の冒頭の言葉
物語は汽車の中から始まる・・・途切れ途切れの二ールヤングのギターの音色が切ない

deadman064.jpg

会計士のウィリアム・ブレイクは両親を失くし、婚約者にも裏切られ、アメリカ西部の町マシーンに向かった。その町で酔っ払いにからまれた花売りの娘のセルを助け、彼女の部屋に誘われた。そこへ、突如ディッキンソンの息子でセルの許嫁だったチャーリーが現れる。2人を見てチャーリーの銃が火を吹いた。銃弾はブレイクをかばおうとしたセルの胸を貫き、ブレイクの心臓の脇にのめりこんだ。お返しに撃った1発がチャーリーの喉に命中する。ブレイクは胸をおさえて窓から逃げ出したが、息子を殺されたディッキンソンは、3人の殺し屋を雇って彼を追わせるが……。
deadman342.jpg

ここからウイリアム・ブレイクの死出への道が始まっていく・・

森へ逃げ込んだウィリアム・ブレイクはノーボディと名乗る不思議なインディアンに助けられる・・射ち合うなんて『白人は馬鹿だ』と・・・
deadman393.jpg

ここでのノーボディは哲学的で詩的である。ネイティブアメリカンとしての思想を語る場面。
毎朝 ・・毎晩・・・・「幸せに生まれつく物」・・・・「ある物は生涯が闇夜」・・・俺はわかっている・・アンタは詩人で画家だ。そして今は白人殺しの犯人だ。
deadman446.jpg


森の中を逃げる二人・・・『尾けられてる・・悪人は匂いが先に走ってくる』・・『どうする?』・・・『鷲はカラスに学んで時間を無駄にしない』
・・ノーボディの言葉勉強になるな。

deadman464.jpg

「あんたの名前は?」・・「ノーボディ・・またはエクセベチェ・・口の達者なほら吹き』・・『何故ノーボディと・』・・『好きな名前だから』
あくまでも自然体のノーボディ・・好きです。
deadman483.jpg

この場面でノーボディとして放浪の旅に出た理由を話します。
deadman497.jpg


ここで一言・・・画像はないのですがウイリアム・ブレイクを追う殺し屋3人組がみかけによらず臆病で小心者なのに苦笑してしまいます。


[指名手配?』・・『僕はやってない!』・・・・『怒っても無駄だ』・・『船を造っても雨雲は来る』・・・インディアンの教え?
deadman603.jpg


『体が弱ってる・・腹がすいた」・・・「聖なる世界を見たければ食べ物や水を断たなければならない』・・・・『変わった男だ』
deadman670.jpg


『ウイリアムブレイクか!』・・・『そうだ!』・・ズドーン・・・『ある者は生涯が闇夜』・・
deadman693.jpg


このシーン大好きです。・・銃弾に倒れた小鹿は僕の未来の姿・・
deadman736.jpg


『水の橋へ連れて行く』・・・『鏡だ』・・『そこから次の世界に入る』・・『魂の故郷だ』・・・連れて行こう
deadman789.jpg


お尋ね者と気付かれて・・・『神に呪われ地獄の業火に焼かれるがいい!』・・・『もう呪われてるよ』・・・あの気弱だったウイリアムがだんだん野性的になっていく・・
deadman831.jpg

もう一度後ろから追ってきた殺し屋に撃たれたウイリアムはカヌーで逃げながら、通りがかった生にあふれる馬を見て微笑む
deadman859.jpg

『お別れだ ウイリアムブレイク』・・『君は生まれたところへ戻る』・・『クリーブランドへ?』・・『人間の魂の故郷だよ』・・『魂はみんなそこへ戻る』・・『この世は無意味となる』・・・『タバコがあるよ・・』・・『あげるよ旅で役に立つウイリアムブレイク・・』・・・あんなにいつもタバコを欲しがっていたノーボディはそう言う。・・『ノーボディ 僕は吸わない・・・・・『じゃあな・・ウイリアムブレイク・・・・・』
deadman905.jpg

見送ると殺し屋と相撃ちで倒れるノーボディ・・・・・・

死出への旅立ちに・・・・・

deadman925.jpg



むか~しに作ったスライドショーもどーぞ(o´・∀・`o)ニコッ♪



追記♪
なぜだか今日から記事の一番下に広告表示がされているようです。

詳細はこういうこと。。

2009年4月9日(木)よりFC2ブログ (blog.fc2.com) に、 アカマイの高速コンテンツ配信システムの導入と、それに伴う広告表示を FC2ブログ全サーバで実施、運用を開始します。
うーん。 FC2ブログ全サーバに高速化が設定されてブログや管理画面などが、従来よりも高速で表示され、読み込み時間も短くなり、読者・訪問者もストレスなく閲覧できるようになるが、 高コストが伴う為、広告を表示するってことらしいです。

でも高速表示を利用しない場合は、広告も従来通り表示されないということなのに、何故だか勝手に高速表示になっているみたいですね。(´゚∀゚`;)

どうすんべか?

まあ、うちは画像も大きく重いので高速のほうがいいんだけどね。


もう1つ、追記~♪

ヤフーお知らせメールで知ったのですが、こんな記事が出てましたのでリンクを貼っておきますね。

ジョニー・デップ大ピンチ?「パイレーツ4」からバービンスキー監督が離脱




記事を気に入っていただけたならクリックをお願いしますね!
励みになります。( ´艸`)ド-ゾ (っ´▽`)っ))ヨロチク

2つともぽちっとな↓
人気ブログランキングへ に参加 しています♪
関連記事

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→https://johnnydepplove.com/tb.php/3866-cdfbf833