FC2ブログ
2015-09-27 06:40 | カテゴリ:ジョニー情報
おはようございま~す♪

ロック・イン・リオでジョニーが左右の指に書いていたSLIMという字ですが、往年の名女優ローレン・バコールさんが映画「脱出」で演じたマリー”スリム”・ブラウニングのスリムという名前なのではないかとdepploversさんで書いてらっしゃいました。

0207146b822a.jpg


調べてみましたら、関連記事がありました。

ジョニーがアンバーと恋に落ちたといわれている映画ラム・ダイアリーのインタビューで、ジョニーはアンバーの印象を「ローレン・バコールのような昔の映画女優に会っている気になった」と語っています。
アンバーもこんなことを語っています。
「私は40年代の映画に出て来るローレン・バコールやリタ・ヘイワースが好き。テレビの前に座って、古いロマンス映画を見ていると、釘付けになってしまう。私は他の女の子たちと同じよ。ロマンスが好きで仕方がないの」
関連記事はこちら
http://news.walkerplus.com/article/31447/

因みにジョニーがアンバーと「ラムダイアリー」で恋に落ちたようにハンフリー・ボガート(ボギー)とローレン・バコールは映画「脱出」で恋に落ちたそうです。
関連記事はこちら
http://www.cinematoday.jp/page/N0074339

画像は映画「脱出」でのボギーとローレンバコール
そういえばアンバーとローレンバコール、雰囲気が似てますね♪

62134504.jpg


それを擬えて指に書いたのかな?
そうだったらなんて素敵な愛のメッセージなんでしょう!!と胸が熱くなりました。

それなのに私ったら痩せたい!宣言ですか?なんて不謹慎なことをかいてごめんなさい(・_・;)
それにしてもステージから愛のメッセージを贈られるなんてアンバーが羨ましいな~!

slimjohnny525.jpg

改めてフル映像♪



こちらはライブを見ているアンバーの映像♪
やはり最前列(^_^;)



追記です。
あのSLIMという字ですが、ローンレンジャーのプレスジャンケットのときに右腕に入れていたCome with me.....SlimのSlimを思い浮かべたとコメントをいただいたのですが、私もそれは思いました。
しかしこれには映画「脱出」でのローレン・バコールの役名スリムと、もうひとつ映画「二十日鼠と人間」での台詞“You had to do it. You had to. It was the only way. Come with me.” Slim and George walk away sadly.....からの 2つの説があり、もちろん当人でないとわからないのでどちらだとははっきりわかりません。
因みにこのタトゥは手書きっぽくてアンバーの筆跡をそのままタトゥにしたのではないかとの説もあります。
でも今回SLIMとしか書いていませんしね(^_^;)
というわけで、私としたらロマン説のほうをとりたいかな~?(笑)

20130624202449ffa.jpg 


みなさまの1票1票が記事を書く私の励みになります。
いつもありがとう^^
Please click^^
Thanks!

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングにも参加しています。
こちらも応援ポチ!をお願いします。
br_decobanner_20100709132335.gif


にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ

関連記事

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→https://johnnydepplove.com/tb.php/13296-78acdc99