FC2ブログ
2015-09-05 11:02 | カテゴリ:ブラック・スキャンダル
日本語記事です♪

ベネツィア国際映画祭のプレスカンファレンスより、ジョニーが毎回特徴的なキャラクターを選んで出演している理由を明かしています。

link

jjjpressjo087.jpg


今回全文載せちゃいました^_^;ごめんなさい。

現地時間4日、第72回ベネチア国際映画祭でアウト・オブ・コンペティション部門に出品されているギャング映画『ブラック・スキャンダル』の記者会見が行われ、主演のジョニー・デップが出席。毎回特徴的なキャラクターを選んで出演している理由を明かした。

『ブラック・スキャンダル』は、実在のギャング、ジェイムズ・“ホワイティ”・バルジャーがいかにしてボストン史上最も危険な力を持つ犯罪者になっていったのかを描く伝記クライムドラマ。ジョニーは邪魔者を容赦なく殺す冷酷さと家族思いの一面を併せ持つホワイティの内面を見事に表現しているほか、ブルーの瞳や薄くなった毛髪など外見もかなり近づけており、ワールドプレミアとなったベネチアではジョニー史上ベストの演技と評する声も多い。

本作だけでなく『シザーハンズ』のシザーハンズから『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのジャック・スパロウまで、外見をも作り変えるカメレオン俳優ぶりで知られるジョニー。こうした「変化する(transform)」ことへのこだわりは、テレビドラマ「21ジャンプ・ストリート」(1987~1991)に出演したことでアイドル的な人気が出てしまい、俳優として行き詰ったことがきっかけで生まれたという。

ジョニーは「恩を仇で返そうっていうんじゃないんだ。いわば僕を有名にしてくれた作品だからね」と前置きしたうえで、「でもとてもフラストレーションがたまった。結局、1年という期間にわたって、自分のものじゃない言葉を言い続けるだけということに気づくわけだから」と本音をぽつり。

 「僕のヒーローはジョン・バリモア、ロン・チェイニー、マーロン・ブランド、ティモシー・ケリー、ジョン・ガーフィールド。彼らは皆トランスフォームしていた。だから僕はただ取りつかれているんだと思う。周りの人たちは僕を広告塔にしようとしたけど、いつでもそれ以上のキャラクターアクターになろうとしてきた」と胸に抱えてきた思いを口にしたジョニー。「それは置いておいても、僕は、俳優は観客に毎回新しい何か、違う何かを与える責任があるんじゃないかって思うんだ」と俳優という仕事について熱く語っていた。(編集部・市川遥)

第72回ベネチア国際映画祭は現地時間12日まで開催
映画『ブラック・スキャンダル』は2016年1月30日より全国公開




しかし、今回ジョニー史上ベストの演技と評する声も多い・・・とは嬉しいかぎりですね!!
海外の各メディアでは今回は賞を視野に・・・・という記事を多数目にします。
ジョニーのカメレオン的演技はジャンプストリートでアイドル的人気になって行き詰ったところから生まれたということもジョニーの苦悩ぶりをうかがわせますね。
ジョニーの、俳優は観客に毎回新しい何か、違う何かを与える責任があるんじゃないかって思うんだ・・・という発言、ファン&観客である私達に作品ごとにそのつど新鮮で新しい発見を与えてくれるジョニーに感謝です!!




因みにかなり気が早いですが今度のアカデミー賞の主演男優賞でレオナルド・ディカプリオ、エディ・レッドメイン、トム・ハンクス、ジョニーへの期待度が高まっているようです。
今度はひょっとしてひょっとするかも?
http://bylines.news.yahoo.co.jp/saitohiroaki/20150904-00049156/


みなさまの1票1票が記事を書く私の励みになります。
いつもありがとう^^
Please click^^
Thanks!

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングにも参加しています。
こちらも応援ポチ!をお願いします。
br_decobanner_20100709132335.gif


にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ

関連記事

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→https://johnnydepplove.com/tb.php/13097-047c3bcf