FC2ブログ
2020-06-08 06:42 | カテゴリ:ジョニー・デップのインスタグラム
おはようございます♪
今朝もiPhoneからの投稿です。

ジョニーのInstagramが更新されました。
5月9日バーバラ・スターム博士主催の第一線の医療従事者を支援するためのイベントで歌ったボブディランの歌の演奏が再度投稿されています。


fc2blog_20200608073223765.jpg

Thanks

この投稿をInstagramで見る

Two months before the world was subjected to the shocking live coverage of the merciless, bloodthirsty and public daylight murder of JFK in Nov. 1963, Bob Dylan sat down to write a song… He had a particular idea in mind, which he recorded mere weeks before Kennedy’s tragic Assassination. Dylan had already achieved stratospheric acclaim from his treasure-producing workmanship and poetic abilities. He had already jacked up the bar of songwriting to an untouchable level. He also became a reluctant prophet, which can be quite an occupational hazard…Yet he remained himself while dodging all manner of con artists, bloodsuckers, angles, arrows, ignorance, injustices, and scrutinization of his life. His intentions remained pure. So he sat down and wrote the gold standard of protest songs, the seminal and most significant, mind boggling and staggeringly poetic, prophetic protest song the world will ever know: “The Times They Are A-Changin’”. Dylan’s song applies to Covid-19, it also, very strongly applies to the life altering image of George Floyd, forever seared to our brains… For me, it applies to the moment we are in, it applies to the moment they were in in 1963, it applies to everything before and everything since and everything that will be. I chose to perform this song live, for my friend @drbarbarasturm Covid benefit several weeks ago… I didn’t really know how to play it, but I figured I’d give it a shot, as it seemed to apply so well. And it applies now, more than ever. It was performed a couple of weeks before our collective paralysis was rendered complete by the images of our fellow human George Floyd being cruelly and brutally tortured to death on live TV. Let us take a moment to remember the sacrificial hero George Floyd and look with hope towards the changes that his tragic death will cause. And let’s salute the reluctant prophet Bob Dylan and the dream of change he inspired then, now, and onwards… His impact is that of Shakespeare, Marlowe, Hunter Thompson, Marlon Brando, Woody Guthrie, William Blake, Picasso, Bach and Mozart. Dylan’s song is to be kept near you, AT ALL TIMES!!! All love and respect, JD

Johnny Depp(@johnnydepp)がシェアした投稿 -





ジョニーのメッセージはこちら

1963年11月に起きた、ジョン・F・ケネディ大統領暗殺事件が、世界中の人々に無慈悲で残忍で白昼堂々とした殺人事件という衝撃的な生中継をされる2カ月前、ボブ・ディランは曲を書くために腰を下ろしていた...彼の頭の中には、あるアイデアがあり、それはケネディの悲劇的な暗殺のほんの数週間前に録音されたものでした。ディランはすでに、その秘宝的な出来栄えと詩的な能力で、成層圏の絶賛を得ていた。 彼はすでに作詞のレベルを無敵のレベルにまで引き上げていた。 彼は消極的な預言者にもなりました。それは職業上危険である可能性があります…しかし彼は、詐欺師、吸血鬼、アングル、矢、無知、不正、彼の人生の精査など、あらゆる手段をかわしながらも、自分自身を貫いていた。 彼の意図は純粋なままだった。 そこで彼は座ってプロテストソングの金字塔を書き上げたのです。 "The Times They Are A-Changinです。 ディランの歌はCovid-19にも当てはまるし、私たちの脳裏に永遠に焼き付けられたジョージ・フロイドの人生を変えるようなイメージにも非常に強く当てはまる...私にとっては、それは私たちが今いる瞬間にも当てはまるし、彼らが1963年にいた瞬間にも当てはまるし、それ以前のすべてのもの、それ以降のすべてのもの、そしてこれからのすべてのものにも当てはまるのだ。

数週間前に友人の@drbarbarasturmでコロナウィルス感染症のベネフィットのためにこの曲をライブで演奏することにしたんだ...どうやって演奏すればいいのか分からなかったけど、上手くできそうだったから試してみようと思ったんだ。 そしてそれは今、これまで以上に当てはまります。 この曲は、私たちの集団的麻痺が、私たちの同胞であるジョージ・フロイドがテレビの生放送で残酷にも残忍にも拷問されて死ぬ映像によって完全なものになる数週間前に演奏しました。
犠牲になった英雄ジョージ・フロイドを思い出し、彼の悲劇的な死が引き起こすであろう変化に希望を持って見てみましょう。 そして、消極的な預言者ボブ・ディランと、彼が当時、今、そしてその後にインスピレーションを与えた変化の夢に敬意を表しましょう...彼の影響力は、シェイクスピア、マーロウ、ハンター・トンプソン、マーロン・ブランド、ウッディ・ガスリー、ウィリアム・ブレイク、ピカソ、バッハ、モーツァルトの影響力を持っています。

ディランの歌は、いつでもあなたのそばに置いておくべきです! すべての愛と尊敬を込めて。JD


みなさまの1票1票が記事を書く私の励みになります。
いつもありがとう^^
Please click^^
Thanks!


人気ブログランキングにも参加しています。
こちらも応援ポチ!をお願いします。
br_decobanner_20100709132335.gif

にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

関連記事