2008-07-27 17:21 | カテゴリ:ジョニー情報



2008年7月27日
ドン・キホーテの映画を作ることは、どの点から見てもそれが基づいている15世紀の文学の古典と同じように壮大な冒険物語でした。

たった今、映画が映画史上最も災害の傾向がある撮影の1つで中止された7年後、テリーギリアムの大きいスクリーン・バージョンを作る夢は蘇りました。

ギリアム・・・元モンティパイソンのスター及び未来世紀ブラジル、12モンキーズ、フイッシャーキングの監督は、『Man Who Killed Don Quixote』を作る2度目の試みのためにジョニー・デップと再会することになっています。

これは映画史上最も注目に値する話の1つであって、最新の思いがけない新展開です。

最初の撮影、それは一連の妨げを受け苦しみましたが、文書のメーカーによってフィルムに記録されて再現され、『 Lost In La Mancha』はそれ自体がヒットしました。

匿名を希望している復活したプロジェクトの身近な情報筋はこう言いました。
『彼らは取り引きをまとめた後にもう1つの試みをするでしょう。ジョニーは現在パイレーツオブカリビアンのおかげでその時よりも大きなスターです。そして彼らは彼を引き抜く事ができるという確信があります』

マドリードの近くの場所で2001年に映画を製作するという最初の試みは、ちょうど撮影の5日後に悲惨な結果に終わりました。

1600万ポンドの撮影の初日に、俳優ジャンロシュフォール(70歳)は倍のヘルニアに苦しみました。
その翌日、セットは鉄砲水によって押し流されました。

デップ(過去に送られ戻された21世紀のマーケティング管理者を演じる)が、ジャンロシュフォールが他の約束のため回復するのを待つことができないと宣言したときに、映画の融資者は手をひきました。保険会社は、報道によれば1500万ドル(約18億円)を支払って台本の管理をしました。

台本の所有権は、今ギリアムに帰りました。

元記事


(急いで訳したので間違っていたらごめんなさいね)


とうとう現実味を帯びてきましたね~~♪
これは再開確実かな?



記事を気に入っていただけたならクリックをお願いしますね!
人気blogランキングにも参加

    UCHINO MASAAKI LOVE(こちらもよろしく・・・最近は更新をお休みしていますが・・・・)
関連記事

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://johnnydepplove.com/tb.php/3221-3202b6ac