2007-05-30 16:29 | カテゴリ:ジョニー新作映画情報
2007年5月29日
(意訳です)



アメリカ人の俳優ジョニー・デップはロンドンで毒殺された元FSB役員の未亡人による本の映画化でアレクサンダー・リトビネンコを演じるでしょう。
オブザーバーの知らせによると、マリーナリトビネンコはカンヌでそれについて話しました。 また彼女は本がまだ完成していない事を明らかにしました。

イギリスの新聞社によると、以前少し他の会社も名を挙げましたが、未完成の本の版権はアメリカの会社ワーナーブラザースによって買われました。
映画は、たぶん彼の映画『ラスト・オブ・モヒカン』でよく知られるマイケル・マンによって監督されるでしょう。

以前、ジョニーデップの会社『Infinitum Nihil』がもう1つのpoisoned person(ジャーナリスト アランカウエル著者)の本に基づくアレキサンダーリトビネンコについての映画をプロデュースするための権利を購入したという事は情報としてありました。

また有名俳優は、製作と同様に最も有望な役者の模範になると考えられました。
元記事

やはりジョニーはこの映画を引き受けるのでしょうか?
少し不安な気がします。


いつもご訪問ありがとうございます。
記事を気に入っていただけたならクリックをお願いしますね!
人気blogランキングにも参加
関連記事

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://johnnydepplove.com/tb.php/1920-e74d1f1c