FC2ブログ
2018-08-28 09:05 | カテゴリ:ジョニー情報
おはようございま~す♪

先月、ジョニー主演作『シティ・オブ・ライズ』のロケーション・マネージャーのグレッグ・'ロッキー'・ブルックスから、2017年4月にジョニーから肋骨を2度殴られたうえ、「顔面を殴り返したら」10万ドル(約1110万円)を払うと言われたと訴えていた件ですが、月曜日にスクリプターのエマ・ダノフさんがその時の争いを目撃し、ブルックスが訴訟で述べたようなものではなかったと証言しました。
(因みにスクリプター (scripter) とは英語ではscript supervisorと称され、映画の撮影現場において、撮影シーンの様子や内容を記録・管理するパート)


ダノフさんによると、彼らが屋外で撮影しているときブルックスは、その時に居合わせたアフリカ系アメリカ人のホームレスの女性に対して「人種差別的軽蔑」をしていたと非難。ジョニーはその時彼女の約25フィート離れたところに座っていました。
「彼はすぐにプランターベンチの端にある私達の共有された席から立ち上がり、女性を擁護するためにブルックスの元へ行きました。デップ氏はブルックス氏にこう言いました。『君はそんな風に彼女に話す事はできない。君は彼女が君よりも劣っていると思うのか?自分を何様だと思っているんだ』」

ダノフさんによると、ジョニーは暴力を振るっておらず10万ドルを払うとも言っていないと。そしてそれを証明する40枚のタイムスタンプ付きの写真があると証言しています。

元記事→https://www.hollywoodreporter.com/thr-esq/city-lies-script-supervisor-defends-johnny-depp-lawsuit-alleged-set-attack-1137854


やはりやはりですね!!

早く日本でも釈明の記事を出してほしいです。悪いことはすぐ記事にするくせにいいことは全然記事にしないか出すのが遅い。日本の悪いところです!!!

201808nxF7jxq8FE.jpg


みなさまの1票1票が記事を書く私の励みになります。
いつもありがとう^^
Please click^^
Thanks!

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングにも参加しています。
こちらも応援ポチ!をお願いします。
br_decobanner_20100709132335.gif


にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
関連記事

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://johnnydepplove.com/tb.php/15944-2ed06652