2007-03-23 15:00 | カテゴリ:ジョニーファミリー
(意訳です)
報告によると、ジョニー・デップの娘リリーローズは、ひどい大腸菌ウイルスとの戦いを幸運にも乗り切りました。
リリーローズ(7歳)は、今月初めに謎の病気にかかりロンドンの病院に入院しました。
彼女が錆びている釘を踏んだ後に敗血症にかかったとその時報告されました。
しかし、デップの新しい映画、スウィニー・トッドの制作スタッフの1人は、彼女の腎臓がウイルスによって機能しなくなったと主張します。それは食べ物と飲み物によって感染します。

関係者は、イギリスの新聞SUNに話しました。
『私達がリリーローズの本当の病名を告げられた時、驚きで息が止まりそうになりました。そしてしばらくの間、彼女は危険な状態でした』

デップとパートナーヴァネッサ・パラディはリリーローズのために寝ずの看病をしている間、スウィーニー・トッドは撮影を中断していました。
撮影は来週再開されることになっています。
元記事

大腸菌・・・お子さんや身体が弱っている方など、このウィルスに感染すると他の病気を引き起こす事があるようです。
リリーちゃん、慣れない土地で少し身体の状態が弱っていたのかな?

どちらにしろ、今は順調に回復に向っているようで良かったですね。

追加~♪
今は一家でフランスに戻っているようですね。
やっぱり、自分の家で養生するのが1番ですもんね~!!


いつもご訪問ありがとうございます。
記事を気に入っていただけたならクリックをお願いしますね!

人気blogランキングにも参加
関連記事

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://johnnydepplove.com/tb.php/1471-fc782f87