2016-08-26 09:55 | カテゴリ:ジョニー情報
おはようございま~す♪

昨日もお伝えしましたが、「アンバーからの寄付」ということで、ジョニーから小切手をACLUとロサンゼルス小児病院に送られましたが、このことについてアンバー側が激怒。倍の1400万ドルを支払うべきだと訴えているようです。

「慈善団体に寄付した場合、税金控除が受けられるため、実際に彼が支払う金額は少なくなります。アンバーが受け取るべき700万ドルを本当に払うのであれば、1,400万ドル払うべきです。それより少しでも低い金額は、ジョニーの相談役であるローラ・ワッサーとパティ・グレイザーが仕組んだ、彼が払うお金を少なくするための画策にすぎません」と説明。

このことについてジョニー側のコメントはまだないようです。

因みに今回の寄付金送金についてジョニーのパブリシストはこう語っています。

「アンバーが、離婚から得るお金を、ACLUとロサンゼルス小児病院という、ふたつの重要な団体に平等に寄付をすると発表したのを聞きまして、ジョニーは、このふたつの団体に、分割で支払う予定の1回目を、すでに送りました。寄付はアンバーからとなっています。この分割の最後の支払いが終われば、アンバーが約束したのと同じ金額を、ふたつの団体は受け取ったことになります」

詳細はこちらから
link

ところで、この日本語記事のタイトルがクスッとしてしまいます。

ジョニデ離婚:ジョニー「寄付するというのが本気なら、僕が直接払ってあげよう」



しかし、700万ドルの倍の1400万ドルを支払うべきだと抗議とは!
結局お金を一円ももらわないんだから寄付はいくらでもいいでしょ?
それを支払うのが少なくなるだの。嫌がらせにしか感じられません。

せっかく離婚和解したのになぜ蒸し返すかな~?(♯`∧´)

税金控除のことはもちろん知ってたはず。自分がもらって払おうとしたのにジョニーに払われちゃって手元に残らなくなったから?


みなさまの1票1票が記事を書く私の励みになります。
いつもありがとう^^
Please click^^
Thanks!

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングにも参加しています。
こちらも応援ポチ!をお願いします。
br_decobanner_20100709132335.gif


にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
関連記事
【ジャンル】:映画 【テーマ】:ジョニー・デップ
| トラックバック(0)
トラックバックURL
→http://johnnydepplove.com/tb.php/14620-99c7f1cf