FC2ブログ
2007-02-20 14:46 | カテゴリ:ジョニー新作映画情報


2月19日
(意訳です)
11月に、クリス・ウルリッヒは、クライヴ・バーカーによって展開されるだろう可能なエドガー・アラン・ポー計画のニュースを持って来ました。
家族向けの映画、バーカーの創作作品は、エドガー・アラン・ポーの人生の最後の週についての事実を暴露しようとする10代のグループに焦点をあてます。(ポーの人生は、ルーファス・ウィルモット・グリスウォルドという名の悪意をもつ男性の死後の執筆により謎で隠されました)

このもつれは重要人物を思わせます。しかし、私が関係しているものはさらにもっとよくわからせます。
伝えられるところによれば、IESBは『Forevermore』と題せられた台本を手に入れました。私はこれがまだ確定されていないので、ファンの女の子の興奮を抑えようと試みています。それは、詩的で劇的な特徴にポーの最後の数日と彼の人生を混ぜて書かれてあります。

これは、グラント・ブーシェ(視覚効果アーティスト及びシナリオライター)によって書かれたという話であって、台本はポーの人生の最後の瞬間を詳しく述べます。(数日の間、ポーは倒れているところを通りから拾われた後で、死に負ける前にワシントン・カレッジ病院のベッドに横たわりました)

思い出、彼の執筆、彼の夢、および彼の悪夢を追体験して、ブーシェは、目の当りにポーの人生フラッシュを持つのにいわゆる「夢の国」を再現させるこの時を使用します。 彼が彼の強敵、Shadow(陰り)と戦うとき、ポーは 明快さに倒れます。

台本の対話のすべては押韻2行連句で書かれます。そしていくつかの場面は、彼の文書の直接の改作物です。

・・・そしてそれはちょうど、要点に不平、不満を言うことなく、ポーの短編を映画の形に取り込む最高の方法でありえました。

そして潜在的なプロジェクトをもっとさらにアピールするするために、台本がジョニー・デップ(この人は以前ポーをスクリーンに連れて来ることへの関心を示しただけでなく作家が彼のお気に入りのうちの1つだということを言っている)へのその道を作ったという噂です。今私達はちょうど待ち、これが事実、あるいは単に有望な空想になるかどうかを確かめなければなりません。
元記事
関連記事

ジョニーの元にこの原稿が届いたらしいですが、果たして現実になるのかはわかりませんね。
でもこれが現実化したら、死に関する映画がまた一つ増える事になります。
まさしく…デッドマンですね!



いつもご訪問ありがとうございます。
記事を気に入っていただけたならクリックをお願いしますね!

人気blogランキングにも参加
関連記事

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://johnnydepplove.com/tb.php/1299-d00f22cf